カテゴリー別アーカイブ: Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)のモバイルルーター情報をまとめています。

ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターのまとめ

前回に引き続きワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターとその周辺サービスについてまとめました。ワイモバイルはかつてイー・モバイルとしてサービスを展開していましたが今はソフトバンクの傘下となっています。ソフトバンクの傘下となったことでワイモバイルとソフトバンク双方のネットワークが利用できるようになしました。

ネットワークは大きく分けて次の3通りあります。

  • NTTドコモ
  • WiMAX(au)
  • ワイモバイル(Softbank)

モバイルルーターおすすめ情報館

ここではワイモバイルのモバイルデータ通信サービスについてご紹介します。

1.1.プロバイダーについて

ワイモバイルのネットワークでモバイルデーター通信を行いたい場合、プロバイダーの選択肢は複数あります。独自のネットワークを持つワイモバイルとそのMVNOのプロバイダーです。

MVNOとはネットワークを借り受けて独自のサービスを展開する事業者のことを指します。MVNOの一般的な特徴としてはプロバイダー独自のサービスが使える上に料金が安くなる傾向があります。その代わり割り当てられている帯域が決まっていますのでネットワークの混雑した時など通信の速度に影響が出ます。

ワイモバイルのMVNOの例として次のようなプロバイダーがあげられます。国内のほぼ主要なプロバイダーであれば取り扱いがあると考えてもよいでしょう。このあたりはWiMAXと一緒ですね。

  • 楽天スーパーWi-Fi
  • @nifty MOBILE(YM)
  • GMOとくとくBB
  • So-net

1.1.1.プランについて

月額3,696円が基本料金です。キャンペーンの期間であればさらに安くすませることができます。ただ、データ容量については無制限というわけではなく月間データ量が10GB、3日間の通算データ使用量が1GBの制限がつきます。

2.1.ネットワークについて

冒頭でも説明したとおりソフトバンクの傘下に入ったことでワイモバイルのネットワークは次の3つに分類することができるようになりました。

  • ワイモバイルLTE
  • ソフトバンク4G
  • ソフトバンク4G LTE

2.1.1.データ通信の速さは?

東名阪の一部のエリアで下り最大165Mbpsで利用が可能です。それ以外の場所では下り最大112.5Mbpsあるいは110Mbsです。2015年の夏からsoftbank 4G LTEが187.5Mbpsになるので同じネットワークを使うワイモバイルも187.5Mbpsに対応するかもしれませんね。

3.1.モバイルWi-Fiルーターについて

ワイモバイルのモバイルWi-FiルーターはWiMAXやNTTドコモに比べて充実している印象があります。Pocket Wi-Fiという言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

Pocket Wi-Fiはイーモバイルの頃からモバイルWi-Fiルーターに付けられた冠名なのですが未だに健在です。最近ではPocket WiFi 305ZTがとても人気です。

3.3.WiMAXやNTTドコモとの比較

同程度のプランを比べた場合、WiMAX(4,380円)やNTTドコモ(6,400円)と比べると料金設定が最も安めになっています。

ただし、3日で1GB以上使用すると速度制限の対象となってしまうのはもっとも厳しいです。WiMAXはWiMAX2+であれば3日間で3GBの制限がかかりますが、WiMAXには制限はありません。また制限がかかってしまったとしても標準画質の動画がみれる程の通信速度はでるようです。NTTドコモについては3日間通算では速度制限はありません。

安いのは良いことなのですが、データ通信専用端末を使っているのに3日間の通算が1GBというのは少々厳しすぎるように感じます。