WiMAXモバイルWi-Fiルーターのまとめ

前回、前々回に引き続き今回はWiMAXのモバイルWi-Fiルーターと周辺サービスについてまとめていきます。モバイルWi-Fiルーターと言えばWiMAXというくらい有名ですよね。

ワイモバイルやNTTドコモと比べてどう違うのか? といったことも比較しています。

なおこの記事を書くにあたり、WiMAXキャンペーンの最新情報をまとめているwimax キャンペーンのサイトを参考にしています。

1.1.プロバイダーについて

WiMAXのプロバイダーはネットワーク設備を持つUQWiMAXとそのネットワークを借りているMVNOがあります。ワイモバイルの記事でご紹介したとおりMVNOには次のような特徴があります。

MVNOとは?
ネットワークを借り受けて独自のサービスを展開する事業者のことを指します。MVNOの一般的な特徴とし てはプロバイダー独自のサービスが使える上に料金が安くなる傾向があります。その代わり割り当てられている帯域が決まっていますのでネットワークの混雑した時など通信の速度に影響が出ます。

通信の速度に影響が出ると書きましたが、先のサイトの内容ではそれほど影響が出ないようです。

WiMAXのプロバイダーの例としては次のようなプロバイダーがあげられます。ここに記載した以外にもあるので全部で20社程です。

  • UQWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • So-et
  • BIGLOBE WiMAX

1.1.1.プランについて

WiMAXのプランは2年契約で月額4,380円あたりが基本です。プロバイダーによっては初期費用が発生する代わりに月額料金を抑えるプランが提供されています。この場合、最安値が月額3,000円を切るところもあります。

しかし、通常は2年契約が切れるタイミングで新しいプロバイダーのキャンペーンへ乗り換えると新機種のモバイルWi-Fiルーターを入手できるメリットがあるので一長一短でしょう。

ネットワークについて

WiMAXのネットワークには次の3種類があります。これまでWiMAXとauのLTEのみでしたが2015年からWiMAX2+が開始されました。

  • WiMAX2+
  • WiMAX
  • LTE(au)

WiMAX2+の特徴は下り最大220Mbpsでデータ通信ができるところです。WiMAXはこれまで下り最大40Mbpsでしたが、キャリアアグリゲーションによって10Mbpsまで通信速度が低下する予定です。最終的には停波までいくのでしょう。

下り220Mbpsという速度はNTTドコモのPremiun 4Gの下り最大225Mbpsについでモバイルデータ通信の分野で第2位の速度となっています。(いずれも現時点の情報ですので、最新情報をお求めの方は上記サイトまたは公式サイトをご参照ください。)

3.1.モバイルWi-Fiルーターについて

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは現時点で次の3機種が販売されています。

  • Speed Wi-Fi NEXT WX01
  • Speed Wi-Fi NEXT W01
  • Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
  • Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11

いずれもWiMAX2+対応です。なお、HWD15とNAD11は下り220Mbpsに対応していません。その代わりに、通信モードをノーリミットモードに切り替え出来るのでWiMAXのネットワークを利用することが可能です。ノーリミットモードであれば本当の意味でWiMAXを無制限で利用することができます。

3.3.ワイモバイルやNTTドコモとの比較

WiMAXとワイモバイル、NTTドコモとの決定的な違いは条件付きですが月間データ通信量が無制限であるところです。3日間の通算のデータ使用量が3GBを超えると通信速度が標準画質の動画を見れる程度まで落ちますが、月間のデータ通信量に制限はありません。そのため、3日間の制約を考えるとNTTドコモよりは厳しいがワイモバイルよりはゆるいのです。

今度は月額料金を比較してみましょう。月額料金で比較するとワイモバイルは3,600円ほどですので数百円ほどWiMAXのほうが高いです。しかし、これはキャンペーン適用前のお話。WiMAX、ワイモバイルどちらも毎月の実質負担額が月額1,000円ほど安くなるキャンペーンがあります。制約の多いワイモバイルをとるか、WiMAXをとるかはお財布と相談したいところです。

ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターのまとめ

前回に引き続きワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターとその周辺サービスについてまとめました。ワイモバイルはかつてイー・モバイルとしてサービスを展開していましたが今はソフトバンクの傘下となっています。ソフトバンクの傘下となったことでワイモバイルとソフトバンク双方のネットワークが利用できるようになしました。

ネットワークは大きく分けて次の3通りあります。

  • NTTドコモ
  • WiMAX(au)
  • ワイモバイル(Softbank)

モバイルルーターおすすめ情報館

ここではワイモバイルのモバイルデータ通信サービスについてご紹介します。

1.1.プロバイダーについて

ワイモバイルのネットワークでモバイルデーター通信を行いたい場合、プロバイダーの選択肢は複数あります。独自のネットワークを持つワイモバイルとそのMVNOのプロバイダーです。

MVNOとはネットワークを借り受けて独自のサービスを展開する事業者のことを指します。MVNOの一般的な特徴としてはプロバイダー独自のサービスが使える上に料金が安くなる傾向があります。その代わり割り当てられている帯域が決まっていますのでネットワークの混雑した時など通信の速度に影響が出ます。

ワイモバイルのMVNOの例として次のようなプロバイダーがあげられます。国内のほぼ主要なプロバイダーであれば取り扱いがあると考えてもよいでしょう。このあたりはWiMAXと一緒ですね。

  • 楽天スーパーWi-Fi
  • @nifty MOBILE(YM)
  • GMOとくとくBB
  • So-net

1.1.1.プランについて

月額3,696円が基本料金です。キャンペーンの期間であればさらに安くすませることができます。ただ、データ容量については無制限というわけではなく月間データ量が10GB、3日間の通算データ使用量が1GBの制限がつきます。

2.1.ネットワークについて

冒頭でも説明したとおりソフトバンクの傘下に入ったことでワイモバイルのネットワークは次の3つに分類することができるようになりました。

  • ワイモバイルLTE
  • ソフトバンク4G
  • ソフトバンク4G LTE

2.1.1.データ通信の速さは?

東名阪の一部のエリアで下り最大165Mbpsで利用が可能です。それ以外の場所では下り最大112.5Mbpsあるいは110Mbsです。2015年の夏からsoftbank 4G LTEが187.5Mbpsになるので同じネットワークを使うワイモバイルも187.5Mbpsに対応するかもしれませんね。

3.1.モバイルWi-Fiルーターについて

ワイモバイルのモバイルWi-FiルーターはWiMAXやNTTドコモに比べて充実している印象があります。Pocket Wi-Fiという言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

Pocket Wi-Fiはイーモバイルの頃からモバイルWi-Fiルーターに付けられた冠名なのですが未だに健在です。最近ではPocket WiFi 305ZTがとても人気です。

3.3.WiMAXやNTTドコモとの比較

同程度のプランを比べた場合、WiMAX(4,380円)やNTTドコモ(6,400円)と比べると料金設定が最も安めになっています。

ただし、3日で1GB以上使用すると速度制限の対象となってしまうのはもっとも厳しいです。WiMAXはWiMAX2+であれば3日間で3GBの制限がかかりますが、WiMAXには制限はありません。また制限がかかってしまったとしても標準画質の動画がみれる程の通信速度はでるようです。NTTドコモについては3日間通算では速度制限はありません。

安いのは良いことなのですが、データ通信専用端末を使っているのに3日間の通算が1GBというのは少々厳しすぎるように感じます。

NTTドコモのモバイルWi-Fiルーターのまとめ

前回モバイルWi-Fiルーターとは何だろう?ということで、モバイルWi-Fiルーターとその周辺サービスについてまとめました。モバイルWi-FiルーターにはSIMカードが挿さっていて、そのSIMカードを提供する通信会社のネットワークが利用できるのでしたね!

ネットワークは大きく分けて次の3通りあると説明しました。

  • WiMAX(au)
  • ワイモバイル(Softbank)
  • NTTドコモ

ここではNTTドコモのモバイルデータ通信サービスについてご紹介します。

プロバイダーについて

NTTドコモでモバイルWi-Fiルーターを使ったデータ通信を行いたい場合、moperaUというプロバイダーサービスを利用する必要があります。moperaUで提供されている主なプランは次の通りです。

  • シンプルプラン
  • U スタンダードプラン
  • U ライトプラン
  • U スーパーライトプラン

モバイルWi-Fiルーターを主で使っていきたい場合は、シンプルプランかまたはメールアドレスを持てるスタンダードプランを選ぶことになります。シンプルプラン自体は月々200円なのですが、別途、基本料金とパケット料金が発生します。

例)構成プランのサンプル

  • 基本料金
  • 接続料金(シンプルプラン)
  • パケットパック5GB
  • オプション料(docomo Wi-Fiなど)

上記はごく一般的な構成ですが、基本料金の割引を差し引くと総額6,400円という計算になります。docomo Wi-Fiとモバイルルーターの代金は計算に入れていません。

ネットワークについて

ネットワークはNTTドコモのPREMIUM 4G(LTE-Advanced)とXi(LTE)、そしてFOMA(3G)が利用可能です。まだエリアは少ないですがPREMIUM 4Gあれば下り最大で225Mbpsとモバイルデータ通信で現時点では最速です。

Xi(LTE)はスマートフォンでおなじみですのでご存知の方も多いですね。エリアに定評があります。800MHzから2GHzまで4つの周波数に対応するクワッドバンドLTEのモデルでは室内に強い800MHzが利用できるのもNTTドコモの強みでしょう。

モバイルWi-Fiルーターについて

現時点で、Wi-Fi STATION HW-02GとWi-Fi STATION L-01Gがメインの機種です。いずれもハイスペックなモデルでありHW-02Gはクレードルへの接続でWi-Fiが高出力になるのが、L-01Gは4,880mAhの大容量バッテリーを積んでいるのが特長です。

WiMAXやワイモバイルとの比較

ネットワークやモバイルWi-Fiルーターといった個々の要素ではさすがはNTTドコモといった感じです。ただ、費用が高いですね。

WiMAXやワイモバイルではモバイルWi-Fiルーター込みで月額3500円から4,500円ほどで済みます。場合によってはキャンペーンでキャッシュバックがされるので実質は3,000円以下で利用することも可能です。それから考えると、6,400円は倍以上ですのでちょっとプライベートな利用には向かないかもしれません。

もちろん、ネットワークの信頼性は高いのでビジネスでの利用にはもってこいだと思います。私の知り合いでは山間部で利用するためにNTTドコモで契約している方がいます。

モバイルWi-Fiルーターとは何だろう?

1.1.モバイルWi-Fiルーターとは?

モバイルWi-Fiルーターとはモバイルデータ通信を行う情報機器のことです。ご自宅で無線LANルーターを使ったことがある方は持ち歩ける無線LANルーターと考えてもいただいても良いです。

1.2.モバイルWi-Fiルーターの通信の仕組み

モバイルWi-Fiルーターにはモバイルデータ通信でインターネットを行うためにSIMカードというものが挿さっています。このSIMカードを提供する通信会社のネットワークを使うことでインターネットへの接続が可能になります。

1.3.ネットワークの分類

国内のモバイルデータ通信のネットワークは3種類に分けることができます。厳密には通信方式の異なる複数のネットワークを持っているのですが、ここでは大枠でとらえていただければ問題ありません。

  • UQWiMAX(au)
  • ワイモバイル(softbank)
  • docomo(格安SIM)

1.3.1.UQWiMAX(au)の特長

モバイルWi-Fiルーター界の雄。月間のデータ通信量が無制限のサービスを提供し有名になりました。KDDI系列の通信会社です。下り最大220MbpsのWiMAX2+やau 4G/LTEのネットワークを使うことができます。

1.3.2.ワイモバイル(softbank)の特長

かつてUQWiMAXと人気を二分したイーモバイルが吸収され出来た通信会社です。Poket Wifiの名称で有名ですね。下り最大165MbpsのワイモバイルLTEやソフトバンク4Gのネットワークを使うことができます。

1.3.3.docomo(格安SIM)の特長

知らない人がいないというくらい有名な通信会社です。下り最大225MbpsのXi(LTE)のネットワークを使うことができます。また最近話題のほとんどの格安SIMもXi(LTE)のネットワークを利用しています。ただし、格安SIMの場合は通信速度や月間のデータ通信量に制限がつきます。